肺炎に注意|50代になったら更年期障害に注意|様々な症状の引き金になる
ドクター

50代になったら更年期障害に注意|様々な症状の引き金になる

肺炎に注意

病棟

高齢者が命を落とす大きな要因となるのが肺炎です。肺炎は肺に病原菌などが侵入して増殖することにより生じる炎症反応です。この肺炎はインフルエンザ桿菌や肺炎球菌などの細菌が原因となる「市中肺炎」や、院内感染などが原因で引き起こされる「院内肺炎」などが主な要因となります。肺炎は長引く咳や色のついたタンが出るほか発熱などが主な症状です。ごく初期の段階で肺の炎症反応が治まれば自然に軽快することもありますが、症状がさらに進むと倦怠感や下痢などの症状が現れ重篤化するケースもあります。肺炎の症状は高齢者の場合には目立った所見がみられないケースも多いので、食欲が急に落ちてきたり寝汗を掻くなどの変化がみられた場合は肺炎の可能性も考慮して内科で検査を受けることが大切となります。

城東区の内科では高齢者の肺炎治療に力を入れています。肺炎の診断は聴診器を使った診察やレントゲン撮影などが基本となります。またタンを採取し培養することで肺炎の原因となっている細菌の種類を調べることや尿検査による検査なども合わせて行われます。これらの検査を通じて肺炎が明らかとなった場合は重症度や原因となっている細菌の種類に合わせた抗生物質を投与し症状の改善を図ります。その後は数日ごとに検査を行い治療の進捗度を判定しながら治療を進めていきます。高齢者の死亡原因の90%が肺炎であることからもわかるように、肺炎は症状が進行すると命にかかわる病気となっています。そのため肺炎の症状がみられる場合は速やかに検査を受けることが大切です。また肺炎は予防接種を受けることで感染を減らすことができます。そこで城東区の内科では高齢者の方に肺炎の予防接種を呼び掛けています。予防接種をあらかじめ受けておけば5年程度は肺炎を予防する効果が期待できます。城東区に住んでいる方で肺炎の予防接種を受けていない方は城東区の内科で相談して肺炎の予防接種を受けるようにしましょう。