医者

50代になったら更年期障害に注意|様々な症状の引き金になる

肺炎に注意

病棟

高齢者の死亡原因の最大の要因となっているのが肺炎です。この肺炎は早期に内科で治療を行えば重症化を防ぐことができます。また予防接種をあらかじめ受けておけば予防できるタイプもあるので、まだ予防接種を受けていない方は城東区の内科で相談して予防接種を受けましょう。

詳細へ

肝硬変を慢性化させない

お腹

人間の生命維持のために欠かすことの出来ない役割を担っているのが肝臓です。しかし肝硬変などの病気によって、肝臓がんを発症してしまうことがあります。肝臓がんを防ぐためには、まず規則正しい食事を心がけましょう。そして、肝炎ウイルスを保有していないか検査することも大事です。

詳細へ

高齢男性に発症しやすい癌

お腹を押さえるウーマン

飲食に欠かせない食道に生じてしまう食道がんは、40代を超えた男性に多く発生する病気です。体重の減少や血痰といった症状が表れるため、思い当たる症状があれば一度医療機関で診てもらいましょう。

詳細へ

エストロゲンの減少

頭を押さえる婦人

更年期障害は、50歳前後で現れることが多く、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠などさまざま症状が現れます。体調不良とともに精神が不安定になることもあり、ホルモンバランスの乱れが原因となっています。若い頃には女性ホルモンのエストロゲンが豊富に分泌されていましたが、閉経前になると分泌量が減少してきます。閉経前は50歳前後に訪れることが多く、この時期は一時的に急激な減少が見られます。身体の器官ではホルモン減少に対する準備ができていないので、不調が現れるのです。更年期障害で大切なことは、不調を感じたら我慢しないことです。人生で誰しもが通り過ぎる道なので、心配しすぎず、身体を休めるなどしてゆったりと過ごすことです。

ひどく更年期障害に悩まされている場合には、医療機関を受診することも必要です。更年期外来という、更年期障害を専門に扱う外来もあります。更年期外来では、カウンセリングによって症状を把握し、症状を緩和するためのプランニングをしてくれます。更年期障害はすぐに治る病気というよりは、時間をかけてじっくりと治していく病気なので、ある程度の期間が必要になります。男性でも更年期障害に陥ることがあり、更年期外来は男性も受診できます。まだ数は少ないのですが、男性の更年期障害を専門とする外来も開設され始めています。更年期障害をうまく乗り切るには、適度な運動とバランスのよい食事、リラックスがカギになります。趣味を行うのもよいことです。